海を眺める子供

私はできるなら、長くても55歳あたりで今の職を辞めて、別の世界で生計を立てていきたいと思っています。
しかし、いざ行動を移すとなると、二の足を踏む要素が多々あって、そう簡単にできるものではないことを日に日に感じています。
これは現状を考えながら私が個人的にシミュレーションしていることを書いてみました。

1 収入面

現在の収入は今までの勤続年数を反映している分はありますし、仮に他のところに再就職したら、これだけの金額をもらえるとは思えません。だいたい月額25万円前後なので、自分の能力や経歴では、50代で再就職したら、間違いなく収入は落ちるだろうなと思います。
少なくとも、これだけの月給は望めないだろうなと思います。

2 どんな仕事がしたいのか?

正直、事務系の仕事がいいなとは思っていますが、正社員のように時間を拘束されるのは嫌だなと思っています。

それならパートタイムでできる仕事も思っていますが、それだと賞与がありませんので、これを捨てることにためらいが出ます。
家のローンや子供の養育費を考えると、賞与がないのは結構経済的にきついですから・・・

また、組織的な仕事で誰かの下で働くというのは、抵抗がなくもありません。特に私のようにサラリーマンで、人間関係が原因でうつ病になった方だと、そんな心境もあるのではないかと思っています。
しかし、個人でやっていける技術的なスキルがなければ、やはり雇用される仕事をするしかないかなと思っています。

個人的には、フリーランスの在宅ワークだと、時間も比較的に自由に使えそうですし、自分である程度仕事が選べるからいいかもと思っていますが、それ1本で食えるとは思っていませんし、毎月安定して収入がもらえる保証もないので、ある程度の部分はパートタイムの仕事をしながら補填するというのも視野に入れています。

その方法で収入が今の8割ぐらいは確保できて、かつ賞与分はどこかで埋め合わせることはできれば理想ですが、それができる自分の姿がまったく想像できません(汗)

3 早く再就職をしたほうがいいと思うもうひとつの理由

私が50代で再就職したいと思う別の理由は、今の仕事で得たものは、他の仕事ではほとんど活かせないため、定年が60歳だとしてそこから再就職するのは困難だと想像できるからです。

もっとも、定年が65歳にはなるかもしれませんが、うつ病になった今の私は、そこで65歳までやりきる自信もないですし、やりたいという気持ちはそれこそミジンコの欠片もありません。

現在は人生100年とか、2000万円貯金がないと老後は生きていけないとか言われているぐらいですから、65歳以降も働く必要はあるのだと感じています。
それなら、60歳で就職先を探すよりは、早期退職制度を使って退職金を多めにもらって、50代で50代からでもできる仕事に就いたほうが細く長く働くことができるのではないかと思っています。60歳から再就職先を見つけるのは、50代よりも困難そうだと思いますので・・・

また、60歳で再就職したあとの収入よりは、50代で再就職したときの収入のほうが多く見込める可能性が高そうなので、そういう選択もありなのではないかと思う部分があります。

長々書いてしまいましたが、年取ってからの再就職というのは、半端ない勇気と決断力、それと下準備が必要なのだと考えるたびに強く思います。

幸い、まだ決断を下す時期ではありませんので、個人的にもっとも現実的な選択を探していきます。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へ
にほんブログ村