新型コロナウイルスワクチンの副反応

先日、新型コロナウイルスのワクチンの2回目の接種を受けました。

1回目を7月下旬に受けて、そこから3週間後の接種となったわけですが、副反応が起こし、それでブログをお休みしてしました💦

1回目のときよりも、腕の筋肉痛が強かったという印象があり、接種した翌日は仕事場の電話を取るのにも四苦八苦するぐらいです。

あと、1回目にはなかった体のきつさ、だるさが強くあって、これは接種後すぐに起こって、その日はすぐ寝ました。

これは翌日になっても続き、いつもと明らかに違う疲労感みたいなものに何か変だと思いながら職場で仕事をして、課業終了後、速攻で帰って熱を測ると37.9度ありました💦

結局熱は38.6度まで上がり、それから腕以外の筋肉痛があったりして、寝込んでしまいました。

ただ、妻にアセトアミノフェンが入っている解熱鎮痛剤を買ってもらって、それを飲んだらすぐ熱がさがり、さらに体の筋肉痛もなくなりましたので、次の日の五センチは体のだるさが残っていたものの、午後にはすっかり回復しました^_^

ちなみに使った市販薬の解熱鎮痛剤はセデス・ハイです。痛くなったらすくセデスのCMでお馴染みのやつです。最近見かけませんが😅

正直、自分は大丈夫だろうと思っていたら、こうなりましたので、40代後半の方はご注意ください。