クリーミーな泡が美味しいです

登録販売者の外部研修会に参加するため、久しぶりにまた福岡市に行きました。

研修会の会場となっている福岡商工会議所に初めて行ったとき、その近くに行列ができていたラーメン屋があったのを思い出し、そこに行くことにしました。

あのときは初めての研修会の参加で、勝手が分からず時間もあまりなかったので、気になっても行けなかったんですよね。

でも、今回は時間もまだありましたし、2度目の参加なので、もう流れは掴めてますので、並ぶことになっても大丈夫です。

そのラーメン屋の名前は博多一双といい、場所は福岡商工会議所の近くにあります。

博多一双祇園店(外観)

ここを訪れて知ったのですが、博多駅と中洲にもあって、ここが一番新しい3号店になります。

行列並ぶ覚悟で行ったのですが、前見たときのような列はなかったので、あらって感じになりましたが、店の前に着くと、中の狭さにさらにあらっとなりました。

店内はカウンター席と二人がけの小さなテーブル席が3つあるだけで、10数人入ると満席になる感じです。

私が行ったときもカウンター席が満席になっていたので、少し待つことになるかなと思っていましたが、テーブル席に案内されました。

多分、時間帯が11時ちょい過ぎだったのと、平日だったのがよかったのかもしれません。

ちなみにお店は、先に食券を買うシステムになっています。

ランチもありましたが、基本チャーシュー好きな私なので、ここは味玉チャーシュー麺(930円)を注文しました。

テーブル席は小さいうえに、水の入ったポットや調味料なども置かれているので、かなり狭くて、通路との間隔も狭いため、食べるときも体を小さくして結構気を使いました💦

高菜

ラーメンのほうは、見た目からこちらも今まで見たことのないタイプでしたので、ちょっと感動しました。

味玉チャーシュー麺

泡立ってる茶色のとんこつスープは、クリームでかつ、ややあっさりした風味がありました。
このクリーミーさが私には新鮮でした。

スープ

あっさりしている分、飲みやすくてスイスイ飲んでしまいました。

麺は細麺で、クリーミーなスープに絡まって、これまたいい感じです^_^

あと、備え付けであったニンニクが気になったので、ひとつだけ入れてかじりましたが、慣れないニンニクの丸齧りだったせいか、痺れるような辛さを感じ、これはちょっと後悔しました💦

にんにく

人間、慣れないことやるもんじゃないということですかね💦

お客さんが近くにいたので、写真は撮れなかったのですが、麺の製造元と思われる名前を書いた看板があったので、麺にこだわりがありそうな感じを個人的を受けました。

もっとも、これは私の思い違いの可能性もありますが💦

そんなことを思った私は、ここで替え玉(100円)を固めで追加注文しました。

ちなみに替え玉を頼むときは現金払いになります。

普段、替え玉は数えるほどしかしたことのない私には、すごく珍しい光景になります。

やはり滅多に訪れない福岡市という都会の雰囲気がそうさせたのかもしれません😅

固めの麺だと歯応えがあって、さらにとろみのあるクリーミーなスープにこれまた合います。

ラーメンは美味しかったのですが、やはり店内の狭さと座席の窮屈さは、どうしても気になりました。

落ち着いて食べるには不向きかなという印象です。

しかし、ラーメンそのものは美味しかったので、また行きたいとは思いました。

ただ、慣れない替え玉をしたせいで、お腹いっぱいになりすぎて、登録販売者の講習会で、何度か意識が飛びました💦

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村