もう時間がない

来週にある給与計算能力検定の試験に向けた勉強も、いよいよ大詰めを迎える段階に入りました。

先週は土曜日が両親の介護関係、日曜日が家族サービスで勉強出来ず、昨日は仕事と土日できなかった家事をしたため、この日もできませんでした。

さすがに3日連続で何もしなかったのは痛くて、さらに試験まで日もないのもあって、今日は無理矢理仕事を切り上げてから、お馴染みの公民館で2時間30分ほど勉強しました。

計算問題は、そつなくできている感はしましたが、法令関係や知識の関係は自信がつきません。

一応、唯一手にできた数年前の過去問では、知識のほうも満点とれるようにはなりましたが、いかんせん本格的な過去問がそれしかないので、これで大丈夫とは思えないんですよね💦

ネットで拾える問題はほんとごく一部ですし、登録販売者の受験のときのように通信教育をしているわけでもありませんので、いくら難易度が低いといわれていても、まったく安心できません。

通信教育のかわりに試験元が販売している対策講座というのがあって、それをしていれば大丈夫という感じにはなったと思うのですが、2万円以上するものですので、資格の価値を考えると、そこまで金はかけたくない、というかかけられないと判断して、公式テキストで独学というのを選びました。

不安要素はありますが、それでもまったく手応えがないというわけでもないですし、計算問題に関していえば、点は取れる自信は多少なりともありますので、悲観するほどでもなかったりします。

あとは残された日すべてで勉強をするのみなので、ひたすらやって悔いのない仕上げをして、万全の態勢を作ります。