若松競艇場に行ったらこれ

競艇場というと、迫力あるレースをスポーツ観戦として楽しむというのと、一攫千金を狙う鉄火場というイメージがあると思いますが、それ以外にも注目してもらいたいのが、そこならではのグルメがあるということです。

私は若松競艇場に行ったときには、必ず寄るお店があります。それは競艇場の旧館にある「炭火焼き鳥かっぱ」です。

若松競艇場にも、いろんな食べ物屋がありますが、私のイチオシは断然ここですね。

オススメはホルモンと豚バラで、今日はそれぞれ4本ずつ頼みました。

値段は全部で1000円ちょいかかりましたが、値段的には手ごろ感はあると思います。

一応店内にイートインスペースはありますので、店内で食べることもできますが、大半はお持ち帰りを選ぶお客さんが多いです。ちなみに私も持ち帰って、ロイヤル席で食べます。

注文したあと、お店のひとが辛いのつけますか?と聞かれるのが定番となっていて、お願いしますと答えると唐辛子の入ったタレにが入った壺に串を入れたあと、渡してくれます。

これは意外と辛いので、辛いのが苦手な人は避けたほうがいいです。

しかし、この辛さはくせになる辛さで、私はすっかり虜になっています。

もっとも、私自身辛いのは得意なほうではないのですが、何故かここのタレは大丈夫なんですよねえ(^^;

ここの焼き鳥を食べながらレースを観戦するのが私のささやかな楽しみです。

これで舟券が当たれば文句なしなんですが、焼き鳥を食べたあとの成果は、何故かあまりよくなかったりします(汗)

ほんと何故なんでしょうねえ・・・・・・

今回も4レースやって全部外れるという最悪の結果に終わり、お腹はいっぱいになったかわりに財布は空っぽになりました(´;ω;`)ウッ…

でも、ジンクスはいつか破られると信じ、若松競艇場に行ってかっぱのホルモンと豚バラを食べるのは辞めません。というか、辞められません(笑)

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村