給与計算能力検定の真実

給与計算実務能力検定を取る一番の目的な、恐らく就職だろうと思います。

試験を受けに行ったとき、女性の方が多くいて、皆真剣な面持ちで試験直前まで参考書とかを読んでいましたので。

しかし、実際に給与計算実務能力検定に合格したら就職につながるのか?

また、給与計算実務能力検定を取ったらどんなメリットがあるのかを書いていきます。

給与計算実務能力検定では就職できない?

結論をいうと、給与計算実務能力検定だけを取っただけでは即就職には結びつきません。

何故かというと、給与計算実務能力検定には専門性や特殊性がないからです。

何が言いたいかというと、給与計算実務能力検定がない=給与計算ができないにはならないからです。

これは以前、給与計算実務能力検定ってどうなの?という記事でも書きましたが、給与の計算って、やり方やマニュアルがあれば誰でもできるんですよね。

税金の計算方法は国の法令で決まっていますし、手当関係も会場ごとに決められていますので、それを覚えてしまえば誰でもできるわけです。

また、これは給与計算に限ったことではありませんが、基本事務職というのは特に資格は必要としていませんので、ある程度やり方を教えれば誰でもできます。

1級ならそんなことないだろうって思う方もいると思いますが、それでも即就活に繋がるような想像はできません。

以前、求人関係のサイトで「給与計算実務能力検定1級 求人」で検索してしてみたら、2件ぐらいしかヒットしませんでしたし、さらに場所は福岡県以外でした💦

これを見る限りゼロではないですが、この資格だけでの就職というのは困難極まりないと思います。

先に触れたように給与計算自体が専門的知識や技術がなくてもできるからです。

即就職という目的で取りにいくのなら、正直給与計算実務能力検定はオススメしません。

給与計算実務能力検定のメリットとは?

上記の内容を考えると、そんな資格取るだけ無駄だろってなりますよね。

ただ、あくまでも即座に就職には繋がらないけど、就活をしていく場合は多少のアドバンテージにはなると考えます。

例えば、どこかの会社で経理の募集があって応募した際、ライバルが同じくらいの年齢で、経歴も同じであれば、給与計算実務能力検定の資格を持っているほうが優位に立てる可能性が高くなります。

あくまでも可能性の話にはなりますが、それでもこの資格を持っていることで、選考時には十分なアピールポイントにはなるでしょう。

一発内定という保証はありませんが、給与計算実務能力検定は給与計算のスペシャリストであることを第三者に証明になりますので、それが何らかしらの形で活きるのは間違いないでしょう。

結果的に給与計算実務能力検定の資格が決めてになりましたというパターンは全然あり得る話だと思いますので。

あと、これは私個人が実際思ったことですが、資格を取るために得た知識こそが最大の恩恵であり、メリットだと考えています。

私は昨年の4月に初めて給与計算業務に携わったのですが、8月くらいから給与計算実務能力検定の勉強を始めて、そこから社会保険の制度や残業代のこと、税金や年末調整のことなどを深く知ることができ、特に年末調整の業務に関しては誰に聞くこどなくスムーズにできました。

また、今までまったく興味なかった自分の給与や賞与の実態を知ることもできて、なるほどかうなっているのかというふうに理解することができました。

これは給与計算実務能力検定の試験を受けようとしなければなかったことなので、そういう面では非常にいい経験ができたと考えています。

そして、無事給与計算実務能力検定1級に合格できたのですから、何も言うことはありません。

当然合格するのが理想ですが、仮にダメだったとしてもそこまでに得た知識は決して無駄にはなりませんし、また次につながるのは間違いありませんから、これが一番のメリットだろうと思います。

給与計算能力検定合格後に考えておきたいこと

給与計算実務能力検定に合格したあと、是非考えてもらいたいのが、この資格をどうやって就活や再就職で活かしていけるかということです。

これは給与計算実務能力検定の資格だけでは就職はできないという欠点を補うために必要なことで、その方法はそれぞれいろんな方法があるだろうと私は考えています。

正直これが正解というのは私もわかりません。

私個人の見解ですが、給与計算実務能力検定が事務系の資格なので、事務系の資格と結びつければ吉かなと考えています。

思いつくのは、パソコンのOffice系の資格とかでしょうか。

もし、こういう資格でもいけるんじゃないというものがあれば是非お伺いしたいので、問い合わせフォームからご連絡してくださると幸いです。

長くなりましたが、登録ブログにお越しいただいている方で、給与計算実務能力検定の記事をご覧になられる方が多いようなので、今回のような記事を書かせてもらいました。

どこかのタイミングで、給与計算実務能力検定の試験対策の話とかしていければと考えていますので、そのときはよろしくお願いします。