給与計算能力検定受験終わりました

給与計算能力検定1級の受験が終わりました。

正直、時間が足りなくて、あと20分あればと思いました。

2時間なので、パッと見時間ありそうな感じがしますが、いざ試験が始まるとあっと言う間でしたね。

試験が開始してから、計算問題から始めたのですが、これで1時間かかりました💦

ちなみに、計算問題から先にしたのは、私なりの秘策です。

と、カッコつけで言いましたが、実のところはただライフポイントとマジックポイントがあるうちに合格の鍵となる計算問題をしたほうがいいだろうと思っただけです。ほら、私はもう年寄りですので笑

試験開始直後から私の電卓の音が響くかと思ったら、近くのほうから同じ音が聞こえてきたので、同じことを考えている方はいたみたいです😅

試験を受けてに来た人は、内容から女性の方か圧倒的に多かったですが、男性ももちろんいて、中には私より御年配の方もいた気がします。

外にいたら雨が降り出してきたので、受付前に試験会場の福岡県教育会館に入りましたが、先に何人か同じ受験するひとがいて、皆参考書とかを真剣に見ていました。

福岡県教育会館

受付が始まって部屋の中に入って席に着いて周りを見回すと、中でも同じく参考書やレジメを真剣に見ているひとがいました。

そんなひとたちを見て、私は凄いなと思いながら時々瞑想という名の居眠りをしてました笑

あ、いや、別に試験を舐めているとか、甘く見ているわけじゃないんです💦

これも私なりの秘策で、試験が始まるまでライフポイントとマジックポイントを温存させるためです。

試験本番になると、体力と精神力を消費しますので、ガス欠なるのを避けるため、あえてしないようにしています。

それと、これは気を悪くされる方もいるかもしれませんが、直前でやったところで大した成果にはならないと個人的に思っているのも、やらない理由のひとつです。

また、私は今までやってきたことを信じたいタイプでもありますので、試験当日はLPとMPを温存することに専念するのが水鏡スタイルです。

ただ、個人的には登録販売者と違って、民間の資格で重みも登録販売者よりは軽い思っていましたが、こちらの受験者も登録販売者の受験者と同じくらいの真剣さと必死さを感じました。

確かに、人それぞれの理由があって資格を取ろうとしているわけで、誰も遊びで受けているわけじゃないんですよね。

私も余裕こいているように見られていたかもしれませんが、無論ここを落とすつもりは毛頭ありません。

次のステップに進むためにも、ここは一発合格しか考えてませんし、そうなるための努力はしてきたつもりです。飛び級で1級を受けるのも遠回りするつもりがないからてすし、この給与計算能力検定自体も、私の中では単なる通過点でしかありません。

そこまでいうんだから、合格する自信あるだろと言われると、いやそれとこれは別ですと言ってしまうぐらい自信ありません💧

懸念していた知識問題は、思った以上に手応えあって及第点は取れてるだろうと思っていますが、肝心の計算問題でやらかしていそうな気配がしています💦💦

最後の年末調整の問題で計算方法を間違えたのがあり、確かこれで合ってるよねと半信半疑になっている問題が4問あります💦

最後の年末調整は以前ブログで書いた所得調整額を含んだ計算でしたが、それなのに間違えてしまいました(~_~;)

いや、だって実際今やってる自分とこの年末調整で、所得調整する必要あるのはいたけど、システム万歳で計算する予定だから、直接計算してないし。というか、練習問題でその計算なかったし💧

でも、最後の見直しでやり方間違っていたのは気づいたんですよ。でも、もう時間が残り8分しかなくて、慌ててやり直したら、そのやり方自体間違っていたし💧
気づいたのは、家帰って風呂入ってるときですけどねー

という言い訳はともかくとして、ほかにあやふやな問題があるのがやばいです😓
そう考えると、大丈夫と思われる計算問題すらほんとに大丈夫?と思うようになりました💦
その中の1問はさきの年末調整の問題と同じく最後の見直しでミスに気づいて慌てて直した箇所ですし。

今更なんでもう祈るしかありませんが、落ちるなら計算問題ですね、はい。

逆に計算問題が大丈夫だったらおそらく合格していると思います。

計算問題で6問ギリギリ正解し、知識問題で23問正解して合格という感じになればいいんですが……

思ったより計算問題が気がかりになりましたが、受験前に立ち寄った箱崎宮で合格祈願したので、神様お願いしますの心境です😅

勝ちみくじ

お守り