モカゼリー上部

溜まりに溜まった洗濯物をコインランドリーに持って行って、乾燥させている待ち時間を利用して、遠賀町の釜めしとステーキの店そらに再来訪しました。

目的はいつか食べようと狙っていたスイーツです。

昼下がりの午後のティータイムってやつです。

普段は仕事なんですが、そのときは資格の勉強時間を確保するため有休を午後だけ使ったのですが、洗濯物のあまりの多さにこれはこっちを先にせねばと思ってやって、少し時間あるならそらでスイーツ食べようとなった次第です。

結局、そのあとに他にも家に残されていた皿たちを洗ったり、食洗機の中の食器を直したり、したら肝心の勉強時間はなくなり、いつしか家庭内労働のための休みになっていました💦

行った時間帯かラストオーダー直前だったこともあり、お客さんは私以外に一組だけでした。

メニューを見て、気になったのはベイクドチーズケーキと渋皮栗のモンブランで、以前来た時には渋皮栗のモンブランが食べてみたいなと思ってたので、今回はそちらにしました。

スイーツメニュー

飲み物は珍しいと思ったモカゼリーにしました。

値段は渋皮栗のモンブランが税込460円、モカゼリーが560円で、計1020円になります。

スマホで買った舟券が当たったので、ちょっと奮発してみました😅

モカゼリーは、飲み物はモカ独特の甘さと苦味がありますが、クリーミーで飲みやすいです。
中のゼリーは、思った以上に苦かったので、甘党な私には、ちょっと苦味がきついかなという印象を受けました。
大人向けのスイーツという感じです。
なので、子供には不向きな感じは個人的にしました。

モカゼリー

モカゼリー上部

渋皮栗のモンブランは、普通のモンブランよりも甘さが控えめで、渋皮栗特有の渋みが奥の方で感じましたが、こちらは甘みのほうが勝っていて、モカゼリーの苦味をそれで打ち消すような感じになりました。

渋皮栗のモンブランその1

渋皮栗のモンブランその2

渋皮栗のモンブランその3

どちらも大人向けのスイーツとして考えると、美味しい部類だと思いますが、私のように甘いほうが好きな方だと苦手意識が出るかもしれません。

次はベイクドチーズケーキをと思っていますが、飲み物はシンプルなものにしようと思います。