次のステップへ

給与計算実務能力検定の試験結果がまだ出ていませんが、次の資格取得に向けて動いています。

給与計算実務能力検定の1級に合格して、予定どおり次のステップでというのが理想のシナリオですが、仮に落ちてしまったら、再チャレンジするかというと、流動的だったりします。

多分、やるとは思うんですが、他の資格を後回しにしてまでやるかというと、正直そこまで考えていなかったりします。

給与計算実務能力検定の資格があることに越したことはないのですが、個人的には資格の重みを感じていないので、何がなんでもという気持ちはないんですよね。

仮に退職しても、それが即効で活かせるとは思っていませんので……

また、試験が年に1回なので、そこまでずっと再度勉強というのも効率的にどうかというのもあります。

なので、合否を待たずに結果どっちになっても先に進もうと思い、次の資格取得を目指そうとなりました。

自分の中の予定では、プログラム系と考えているのですが、普段仕事で使っているマイクロソフト系の資格にするか、インターネット系の資格にするかという点で思案しています。

後者のほうは、昔とったなんとやらで、HTMLやCSSに関しては初心者レベルですが、若干の知識はありますが、上位の資格を取るには力量不足だと思っていますので、それよりは馴染みがあって、ハードルもそこまで高くなさそうなオフィス系のほうが手始めにはいいかもと思っています。

どちらにせよ、プログラム系の資格については、低い級の資格を先に取って、それから上を目指そうと考えています。

金銭的には飛び級狙いのほうがいいのですが、今回は流石に分が悪いので、金銭面の負担を覚悟で、順番に進めていきます。石橋を叩いて渡るってやつです。

とりあえず、難易度が高くなくて、独学でもなんとかなりそうな資格を選んで、新年の早い時期に受験できるようにと考えています。